リップルのハードコールドウォレット

 

木村です。

 

今年(2018年)一月に起きた

仮想通貨の取引所である

コインチェックがハッキングされた事件は記憶に

新しいところでしょう。

 

あれ以来、セキュリティー意識の認識が

高まったという声も聞きます。

 

ここでは、リップルおすすめのコールドウォレット

とともに仮想通貨と保管についても

解説していきたいと思います。

ウォレットの種類と安全性

 

まず、ご存知の方も多いかと思いますが

仮想通貨の保管手段としては大きく分けて

 

■ ホットウォレット 

■ コールドウォレット

 

とあります。

 

「ホットウォレット」とは

インターネット上で保管するタイプで

手軽にアクセスしでる反面、

オンラインでつながっている為に

ハッキングの被害に常にさらされます。

 

ホットウォレットの種類としては

 

取引所のウォレット

ウェブウォレット

 

などがこれに該当します。

 

しかしながら、

コインチェックなどの事件に象徴されるうように

ホットウォレットは常に

被害のリスクがあります。

 

 

コールドウォレットとリップルの保管場所

 

反面、オンラインと切り離されて

オフラインで安全に保管するタイプが

コールドウォレットとなります。

 

コールドウォレットの種類としては

 

■ ペーパーウォレット

■ ハードウォレット

 

ペーパーウォレットとは

文字通り紙のウォレットで保管するタイプです。

 

ペーパーウォレットとは 紙にアドレスと秘密鍵(Secret Key)

を印刷して保管するタイプです。

 

コレ。

↓↓↓

 

これでもよいのですが

”自作しなくてはいけない。”

”保管するには、消失リスクがある。”

などがるので

個人的にはこれから解説する

ハードウォレットをおススメしたいところです。

 

リップルのハードウォレットでおススメは?

 

ハードウォレットとは

文字通りハードを使ってリップルを

保管するタイプです。

 

仮想通貨のウォレットとしては

ちょっと前まではTREZOR(トレザー)が人気でしたが

現在は、以下のLedger Nano S(レジャーナノS)が

人気です。

 

なぜなら、対応通貨が多いからです。

リップルの場合もLedger Nano S(レジャーナノS)が

対応となりますので

 

リップルのハードウォレットを探す場合は

Ledger Nano S(レジャーナノS)を購入する

という事になります。
 

↓↓↓

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

冒頭でも書きましたが

取引所へ高額の仮想通貨を預けておくというのは

とてもリスキーです。

 

大半は、安心なハードウォレットで

保管するのが良いでしょう。

 

以上、木村でした。