仮想通貨(ビットコイン)の現物取引とは?おすすめのやり方

仮想通貨(ビットコイン)の現物取引

 

木村です。

 

いつもお読みくださり

ありがとうございます。

 

今日は、仮想通貨の解説を

していきます。

 

というのも

本日ある私の読者の方から

「現物取引とは何ですか?」という質問がありました。

 

仮想通貨やビットコインの

用語でもよくわからないものって

ありますよね?

 

ですので回答を

シェアさせて頂きます。

 

現物取引とは?

 

 

仮想通貨やビットコインで

「現物取引」というのは通常の取引を

指します。

 

通常の取引は何かというと

手持ちの資金(現金)で仮想通貨を

購入するという事です。

 

では、なぜ「現物取引」という

言葉が存在するかというと

「現物取引ではない」方法が存在するからです。

 

それが、「証拠金取引」です。

現物取引と証拠金取引

 

では、証拠金取引とは何かというと

一定の金額を担保にして

仮想通貨を取引する事を指します。

 

つまり、自分の手持ちの資金の

何倍という投資が可能性なのが

証拠金取引です。

 

 

ちなみに、証拠金取引は

一部、アルトコインでも可能ですが

多くはビットコインで行われます。

現物取引でおすすめのやり方と取引所

 

ですので、現物取引は

やり方としてはものすごくシンプルですので

初心者であればまずは、「現物取引」から

入るのも1つです。

 

現物取引では

 

仮想通貨の取引所へ口座開設

↓ ↓ ↓

仮想通貨の取引所へ入金

↓ ↓ ↓

通貨を購入

 

というやり方で

後は、入金した現物に対して

通貨の値上がりや値下がりで

儲けや損失が決まります。

 

わかりやすいと思えます。

 

また、前述したように

アルトコインで証拠金取引が可能な通貨というのは

ごく僅かですので

 

ビットコイン以外にも

アルトコインもトレードをしたいという場合には

特に、現物取引が良いでしょう。

 

以上、木村が

仮想通貨(ビットコイン)の現物取引について

解説しました。