ビットコインやリップル仮想通貨の4月以降の予想!

仮想通貨の4月以降の予想

 

木村です。

 

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

2018年3月30日 (金)に1ビットコイン(BTC)が、

70万円代まで下落してそのまま

70万~80万円台を推移しています。

 

 

 

3月に仮想通貨が大きく下落した理由

 

この要因としては

SNSの大手、twitterやfacebook、

Googleなどの仮想通貨関連の広告掲載を禁止発表

 

また、世界一の取引高をほこるといわれている

バイナンスに対して

日本の金融庁が警告をした事もマイナス要因

となっています。

 

それから、

ゴックス事件を起こした

仮想通貨交換会社(マウントゴックス)の破産財団が

そうとう量のビットコインとビットキャッシュ

を売却した事も下落を招いた要因になっています。

 

一説には、売却した価格を考えると

ビットコインの20%は下落してもおかしくない

規模だったという事です。

 

最後に、確定申告です。

 

私の周りにも昨年、大きく稼いだ知人などが

確定申告の結果、利益確定をして

税金にあてないといけないという話が

3月には多く聞かれました。

 

こういった複数の要因が

コインチェック以降、低迷していた市場が

回復の兆しを見せていたところに

追い打ちをかけてしまったと言えるでしょう。

 

仮想通貨の4月以降の予想

 

しかしながら、

規制やマウントゴックスの売却なども

一巡したという見方もできるので

4月以降は希望的観測も含めて好転が期待

できるという見方もできます。

 

「仮想通貨はバブルがはじけた。」

「仮想通貨は終わった…。」

 

などネガティブな声も聞こえますが

昨年の3月のビットコインの価格を

ご存知でしょうか?

 

一年前はおよそ

1BTC=150,000円前後を推移していました。

 

そう考えるとバブルが終わった

とは現時点では到底、言えません。

 

いずれにしても、

リップルなどの

アルトコイン価格にしても

ビットコインと連動しているので

ビットコインが回復しないと

あり得ないのですが

 

ビットコインにしても

4月以降は緩やかに上昇していく

と思われます。

 

その中で、

コインチェックの再開

SBIバーチャル・カレンシーズの営業開始

ヤフーの参入

などがあれば昨年のような

大きな波も期待できると思います。

 

以上、木村でした。

 

仮想通貨の無料配布は殆どが嘘や危険ですがこれは本物です。