ビットコインの今後を予想

 

木村です。

 

今日は、

ビットコインの今後を予想してみたいと

思います。

 

まず、未来を予想するのに

必要なのは現在と過去です。

 

ビットコインの過去現在と今後

 

この記事を書いている現在、

ビットコインは1BTCは27万円くらいで

推移してますが

 

ビットコインが作られた

2009年は無価値でした。

 

ビットコインが実態の経済で

初めて使われたのは

ビットコインを作ったエンジニアが

『1万BTCとピザを交換しよう!』

と呼びかけたところ、

ピザ2枚で町のピサ屋が応じた事に始まります。

 

この取引がおこなわれたのは

2010年の5月22日で

この日は『ビッコイン ピザ デー』

として記念日とされています。

 

ちなみに、

現在、ピザ2枚と交換された

1万BTCは日本円に今、

換金すれば約27億円です。

 

もの凄いスピードで

その価値を伸ばしてきたのが

わかります。

 

ビットコインの今後は伸びる暴落か?

 

いよいよ

本題の

ビットコインの今後ですが

今年の2017年には4月に

仮想通貨関連法案が可決されて

正式に国としてその存在が認められました。

 

その同時期くらいに

ビックカメラが

ビットコインによる決済を開始しました。

 

また、

リクルートグループは

自社のサービス(じゃらん、ホットペッパーグルメ)

で店舗向けのビットコインの決済サービスを

始めるとされています。

 

仮想通貨ビットコインを新たな決済手段として

店舗の決済にに導入する動きが広がり始めています。

 

ビットコインの今後を予想する上で

重要なのは2020年の

日本でのオリンピックでしょう。

 

来日する海外からの

外国人も多くなるので

ビットコインの需要も大きく

伸びると予想されます。

 

もちろん

なんでもそうですが

暴落する可能背は0ではありませんが

 

予想としては

明るいと言えそうです。