仮想通貨ガチホの意味やガチホするべき通貨とは? 

仮想通貨ガチホの意味やガチホするべき通貨とは?

 

木村です。

 

仮想通貨では

よくガチホという言葉がでてきます。

 

このガチホの意味がよくわからない

という人もいるでしょう。

 

このガチホにいて解説していきます。

 

ガチホとは、

ガチでホールド(保持)

するという意味です。

 

この反対が

ホールド(保持)しないで

売ってしまうという事です。

 

 

 

仮想通貨ガチホの意味と戦略

 

投資では

「狼狽売り」という

相場が急に下がったのに驚いて、

慌て持ちコインを売ること用語があります。

 

投資初心者にありがちな

パターンです。

 

しかしながら

これは多くの場合損失に繋がります。

 

なぜなら、

本当に将来性が見込め価値のある

仮想通貨であれば

長いスパンで見れば

値上がりするからです。

 

投資の神様と崇められている

ウォーレンバフェット氏の 格言に

 

長期保有する。

短期勝負はギャンブルであって投資ではない。

という言葉がありますが
 正にこれが「ガチホ」の戦略です。
 
 

 つまり、
暴落などあった場合でも慌てしないで
長いスパンで考えて
”ガチホ”するという事です。

ガチホするべき通貨とは?

 

ところでガチホするべき

仮想通貨というのは何になるのでしょうか?

 

投資に絶対はありませんので

これは、自分が通貨の将来性を見て

決める事ですが

 

現時点では

 

■ ビットコイン

■ イーサリアム

■ リップル

 

この3つは

ガチホするべき仮想通貨だと

私は考えます。

 

これは、仮想通貨の

時価総額を見ると明らかです。

 

 

また、現在のところで判断する

コインの優位性を考えてもそういう

結論になるかと思います。

 

もちろん

投資のスタイルというのは

1つではありません。

 

ただ、自分の投資したものの価値を

わかっていれば

ガチホというのは

一番、カタイ戦略というのは

覚えておくべきでしょう。

 

以上、木村でした。