マウントゴックス事件

 

木村です。

 

仮想通貨やビットコインを

怪しいというイメージをお持ちの方は

2014年に起きた

マウントゴックス事件』の印象が強いようです。

 

マウントゴックス事件とは

2014年の当時、ビットコインの

取引量としては最大量であった

マウントゴックス社が突然、

取引を全面的に停止しました。

(東京・渋谷が本社)

 

しかも、民事再生法を

適用を申請すると発表したのです。

 

 

 

マウントゴックス事件の真相とは?

 

とりあえず

当時、ビットコインを

保有していた人にとっては

ショッキングなニュースだったでしょうね。

 

しかも、

顧客の預かり

資産である75億BTCと

現金約28億がなくなったというのですから。

 

当時のマウントゴックス社長だった、

マルク・カルプレス氏は

ハッカーにより攻撃を受けたと主張しましたが

のちに、その社長による横領であった

発覚します。

 

マウントゴックス事件のその後

 

ちなみに

マウントゴックスは破綻し

社長は逮捕(その後、保釈金を払い保釈)

被害者は、何千万という

大金を失った人もいるようです。

(一部には返金を始まった様ですが…)

 

ところで、

このマウントゴックス事件は

連日、日本が舞台であった事もあり

連日マスコミにより報道されます。

 

そして、

誤報だったにも関わらず

ビットコインは怪しいという

イメージを人々に植え付けてしまったのです。

 

マウントゴックス事件の現在

 

但し、これは

冷静に考えれば

どこかの取引所で横領事件が

起こり日本円がなくなった

という事と同じであり

 

ビットコインの性質とは

なんら関係ない話だったのです。

 

現在は、

ブロックチェーンの技術もあり

ビットコインも安全だという事が確認され

『ビットコインが怪しい』という印象も

急激に払拭されつつあります。

 

ここまでお読みください

ありがとうございます。

 

木村でした。