東京ゲートウェイとミスターエクスチェンジ撤退

 

木村です。

 

いつもお読みくださり

ありがとうございます。

 

本日のニュースで

東京ゲートウェイとミスターエクスチェンジの

2社が金融庁に業者登録の申請を断念する

意向であるという報道をやっていました。

 

東京ゲートウェイは東京

ミスターエクスチェンジは福岡と

それぞれ本拠地をおく

仮想通貨交換業者です。

 

2社とも

いわゆる、改正資金決済法に

基づく登録審査中の「みなし業者」でした。

 

こから仮想通貨の業者も淘汰の時代へ

 

みなし業者とは 仮想通貨取引所の登録制の

導入前から営業を開始している業者です。

 

登録申請すれば「みなし業者」として

これまで営業を認めてきましたが

 

コインチェックの流出事件以来

金融庁は対策が不十分な業者に

管理体制の抜本的な見直しや事業撤退を

迫っているようです。

 

これは、致し方ないかと思います。

 

コインチェックの事件の次に

何かが起きた場合は

「金融庁に批判の矛先が向く事」

は必死ですからね。

また、我々、国民の資産の保全を

考えた場合はやはりしっかりとした業者のみに

活動を許可するとうのは

当然の事なのです。

 

仮想通貨のみなし業者の行方

 

ちなみに、

現在、みなし業者というのは

16社存在します。

務停止命令を受けたビットステーション(名古屋市)

また、来夢(三重県鈴鹿市)、bitExpress(那覇市)

なども撤退する意向なので

みなし業者はドンドンと淘汰されていきそう

です。

 

 

ちなみに、以下は

「みなし業者」と「仮想通貨の交換業者」です。

 

みなし業者一覧:

 

コインチェック

みんなのビットコイン株式会社

Payward Japan株式会社

バイクリメンツ株式会社

株式会社 CAMPFIRE

東京ゲートウェイ株式会社(撤退)

株式会社 LastRoots

株式会社 deBit

株式会社エターナルリンク

FSHO 株式会社

株式会社来夢 (撤退)

ビットステーション株式会社(撤退)

ブルードリームジャパン株式会社

株式会社ミスターエクスチェンジ(撤退)

株式会社 BMEX

株式会社 bitExpress(撤退)

 

また、以下は金融庁から認可を受けた

仮想通貨交換業者(16 社)

 

株式会社マネーパートナーズ

QUOINE株式会社

株式会社bitFlyer

ビットバンク株式会社

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社

GMOコイン株式会社

ビットトレード株式会社

BTCボックス株式会社

株式会社ビットポイントジャパン

株式会社DMM Bitcoin

株式会社ビットアルゴ取引所東京

エフ・ティ・ティ株式会社

株式会社 BITOCEAN

株式会社フィスコ仮想通貨取引所

テックビューロ株式会社

株式会社 Xtheta

 

以上、木村でした。