仮想通貨とは?仕組みや稼ぎ方をわかりやすく解説!

仮想通貨とは?仕組みや稼ぎ方

 

木村です。

 

いつもお読みくださり

ありがとうございます。

 

今、巷で話題になっている

仮想通貨ですがわかるようで

わからない部分も多いのでは

ないでしょうか。

 

仮想通貨とは

簡単に説明すると

「ネットで流通する通貨」です。

 

 

 

仮想通貨とは?

 

法定通貨(日本円やドル)

のように国家や中央銀行が発行・管理する

ものではありませんが

モノと交換できる電子データです。

 

つまり、通貨なのです。

 

わかりやすい例で言えば

電子マネーです。

 

 

つまり、価値をもっとデジタルデータが

仮想通貨です。

 

 

仮想通貨の仕組み

 

まず、仮想通貨の世界に踏み込む時に

知っておくと良いのが

「仮想通貨の仕組み」です。

 

つまり、

法定通貨と違い中央銀行が発行しない

単なるデジタルデータである

仮想通貨が価値を持つのかという部分です。

 

理由は、仮想通貨のブロックチェーン

という技術にあります。

 

ブロックチェーンとは

仮想通貨の発行や取引の詳細なデータを

まとめて記録した台帳です。

 

イメージとしては

こんな感じです。

 

 

このブロックチェーンという台帳は

世界中の人が見れるようになっていて

情報の改ざんが不可能なのです。

 

中央銀行が安保しなくても

安全なデジタルデータ。

 

ですので、将来的には

キャッシュレスの支払や国際送金など

様々な分野で需要が見込まれます。

 

ここが革新的であり

仮想通貨が信頼され価値を持つ仕組みです。

 

仮想通貨とは 種類

 

ちなみに、この仮想通貨ですが

現在は、何千種類も

発行されていると言われています。

 

その中でも別格の存在なのが

ビットコインです。

 

ビットコイン(BTC)

 

 

ビットコイン以外のコインをアルトコイン(代替えコイン)

などと呼びますが

まず、仮想通貨の王様として君臨しているのが

ビットコインです。

 

その他にも

有名な仮想通貨としては

 

イーサリアムやリップルなどが

有名です。

 

イーサリアム(ETH)

 

リップル(XRP)

 

 

 

仮想通貨の稼ぎ方

 

冒頭で、仮想通貨をわかりやすく

電子マネーで例えましたが

電子マネーと異なるのは

仮想通貨は、投資対象なる事です。

 

そして、仮想通貨は

一大バブルを引き起こしています。

 

2017年年末から年明けに渡り

ビットコインやその他のコインが

暴騰して「億り人」なる

仮想通貨億万長者を生み出しました。

 

(朝日DIGITALより引用)

 

ビットコインは、

2017年一年でピークで20倍になりました。

 

ちなみに

仮想通貨で稼ぐには

大きくわけて2つ方法があります。

 

1つは

 

 

将来的な値上がりを見込んで

買う「長期保有の取引」という稼ぎ方が

あります。

 

 

仮想通貨長期投資

 

 

つまり、長期のスパンを考えて

投資する方法です。

 

それから、

もう1つ

数日くらいのスパンを考えて取引をするのが

短期トレードという稼ぎ方もあります。

 

例えば、長期的には

伸びている通貨でも一日でも

以下のように上下を繰り返しています。

 

短期型のトレード

 

 

つまり、値段が下がったところで

買って上がれば売り利益を

得るという事です。

 

 

どちらが正解というのは

ないですがまずは、

相場に慣れる為にも

少額から実際にトレードをしていくのが

良いでしょう。

 

 

以上、木村でした。

 

仮想通貨の購入の手順に関して

詳しく解説しています。

 

登録はスマホ pcどちらからでも

可能です。

詳しい解説はここを参照下さい。

↓ ↓ ↓

コインチェック登録方法の流れをわかりやすく解説!

 

また、今後の仮想通貨市場の展望について

良ければお読みくださいね。

↓ ↓ ↓

仮想通貨は今からでも始めて買うべきか?