仮想通貨の不正アクセスと防ぐ方法について 

仮想通貨の不正アクセスと対処法

 

木村です。

 

昨日、ヤフーのニュースなど

ヘッドラインにもなっていましたが

 

「ビットコイン」「リップル」など仮想通貨の個人口座が

が第三社に不正アクセスされて、

別の口座に送金される事件が増えているとの事です。

 

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000027-mai-soci

 

今年1~7月に33件の不正アクセスが起こっており

被害総額としては約7650万円という事ですから

かなり金額としては大きいです。

 

単純に7650万円を33件ので割ると

一件あたりの被害額は、約231万円になります。

 

これだけのお金が一瞬にしてなくなるのですから

たまったものではありません。

 

ちなみに、口座内の仮想通貨は

別の口座に移されて海外などで現金化

された可能性が高いという話です。

 

こうなれば、盗まれて仮想通貨が

戻ってくる事は限りなくありません。

 

残念ながら、

もう、不正アクセスされた時点で

もう終了だと思った方がよいでしょう。

 

ですので、当たり前ですが

まず不正アクセスを

防ぐ事がないよりも大切です。

 

では、不正アクセスをどの様にして

防ぐのか?という事ですが

 

不正アクセスされた口座の

殆どが二段階認証をしていないかった

という事でしたので

やはり、二段階認証は絶対にやっておいた方が

よいでしょう。

 

不正アクセスを防ぐ第一歩である

二段階認証についてはコチラでも解説しています。

参考⇒二段階認証について

 

それから、

あまりにも保有する金額が大きくなるようで

あれば最終的には、

取引所のウォレットではなく

コールドウォレットなどオフラインで

保管するのが絶対的に

不正アクセスから仮想通貨を守る方法です。

 

参考⇒コールドウォレットとは? 使い方は?

 

ここまでお読みくださりありがとうございます。

 

以上、木村でした。

 

PS:

 

ビットコイン及び仮想通貨の取引は

難しいものではありません。

 

コチラでも解説していますが

まずは、気軽に挑戦してみましょう。

↓ ↓ ↓

仮想通貨の取引方法

 

 

 
サブコンテンツ

管理人

管理人の木村と申します。

仮想通貨の投資は2015年から少額で

開始し資産は8桁を突破しました。

asasa.png

初心者の方のコンテンツ

仮想通貨の最新ニュース

タグ

gmoコイン 取り扱い通貨 gmoコイン 手数料 イーサリアム 将来性 イーサリアム 購入 手数料 イーサリアム 購入 日本 コインチェック手数料売買 コインチェック手数料無料 コインチェック 登録 スマホ pc コインチェック 登録 ポイント コインチェック 登録 メール コインチェック登録方法 コインチェック登録本人確認 コインチェック 登録 無料 ザイフ ビットコイン ザイフ モナコイン ザイフ 取り扱い通貨 ザイフ 手数料 ビットコインamazon ビットコイン いくらから始める ビットコイン いくらから買える ビットコインが使えるお店 ビットコインが使える店舗 ビットコインアマゾン ビットコイン アマゾンギフト券 ビットコイン アマゾン参入 ビットコイン アマゾン参入いつ ビットコインキャッシュ zaif、ビットコインキャッシュ 買う ビットコインキャッシュ 価格 ビットコインキャッシュ(BCC/BCH) ビットコイン スマホアプリ ビットコイン 決済 企業 ビットコイン 決済 日本 ビットフライヤー にちゃん ビットフライヤー ビットフライヤー2ch ビットフライヤー 初心者 ビットフライヤー手数料 ビットフライヤー 評価 リップル 仮想通貨 購入方法 リップル 取引所 coincheck リップル 取引所 おすすめ リップル 取引所 日本 リップル 取引所 比較 リップル 取引所 販売所 仮想通貨 取引 やり方 仮想通貨アビトラージ 仮想通貨 取引 方法 仮想通貨 取引 入門

このページの先頭へ